SEO対策を考察No.7

SEO対策を考察、7回目です。

ここ数ヶ月の順位の変動が顕著なYahoo!は、ホントに厄介ですね。
勿論9月末のエンジンのフルアップデートをうけてのことですが。

そこで今回は、
Yahoo!が下記URLにて公表している
「サイトの順位を上げるには」
をいまいちど、しっかりとチェックしてみましょう。

あなたのサイトでも見落としている部分がきっとあるはずです。

http://help.yahoo.co.jp/help/jp/search/indexing/indexing-23.html


【以下、四角枠内は上記URLからの抜粋です】

全体:
あなたのサイトのようなコンテンツを探しているインターネットユーザーが、
検索時に使うキーワードを想定し、サイトのタイトルや本文に含めます。

(Command Aの解説)
キーワードを想定してのサイト作りをしたほうが賢明ということですね。
「本文」という言葉が明記されておりますので、キーワードを含めた文章は
それなりにしっかりとあったほうがよいでしょう。

タイトル:
METAタグを使って、興味を引き、かつサイトのコンテンツにふさわしいタイトルを
付けます。

(Command Aの解説)
コンテンツにふさわしいタイトルとMETAタグ、
コンテンツにキーワードを含めた文章があるなら、
そのタイトルやMETAタグも、ページ毎にそれに伴い
キーワードを含んだものにすべきでしょう。

サイトの説明文:
「description」METAタグを使って、サイトの説明文を正確に記載します。
興味を引き、かつサイトのコンテンツにふさわしい説明にしましょう。

(Command Aの解説)
「興味を引き」なので広告的文章もOKでしょう。勿論キーワードを含んだもので。
キーワード入れ過ぎに注意。

キーワード:
「keyword」METAタグを使い、ページに関連するキーワードをリストアップします。すべてのページに当てはまるキーワードよりも、ページ固有のキーワードをそれぞれ
記載するとよいでしょう。

(Command Aの解説)
「ページ固有のキーワードをそれぞれ記載するとよい」がポイントですね。

リンク:
ページ内には、それぞれの内容に合ったテキストリンクを設置します。
文字列が画像ファイルで表されていると、検索エンジン用ロボットが正しく認識できない場合があります。また、イメージマップで設定されたリンクはロボットが巡回しない場合があります。すべてのページを検索エンジン用ロボットが巡回できるようにトップページにサイトマップのリンクを設置することをお勧めします。

(Command Aの解説)
テキストリンクがポイントですね。サイトマップは必須です。

画像:ALTテキストを指定します。

(Command Aの解説)
ちゃんと画像にはALTテキストを入れてください。
画像と関連のないALTテキストは入れないように。

関連ページとのリンク:
関連サイトの管理者やコンテンツ提供者を通じて、関連ページとのリンク数を増やします。ただし、リンク数を増やす目的で関連性のないページとのリンクを増やす行為は「検索エンジンスパム」とみなされるため、表示順位が上がることはありません。

(Command Aの解説)
しっかりと明記してあります。関連性のないページとのリンクは意味がないし、
危険ですよと。注意してください。

ということで、
Yahoo!のルール公表部分を再度確認してみました。

これだけみても、
上記の対策をとったうえで、
しっかりとサイトを更新し、
よいコンテンツ(情報)を発信しつづけることが重要でしょう。

SEO対策は、もうそれさえすれば
すぐに順位をドーンとあげるものではなく
もう一度SEO対策の観点からも
いまあるサイトを見直しましょう、という
位置づけになるべきでしょう。

SEO対策=検索エンジン最適化

であり、上位に必ず表示する対策ではないのです。

失礼します。

注)上記のSEO対策の云々に対して、一切の保証は致しません。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

ホームページのらくらく点検

ホームページのらくらく点検

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM